2016/11/10

捻るだけで自律神経に!月経トラブルにも

気候が寒くなるにつれ、背中が丸くなり、肩や腰の張り感が増したり重だるい経験をしたことはありませんか?

実は、自律神経が出入りする背骨が硬くなると、便秘や胃痛、イライラといった自律神経症状が出やすくなってしまうんです。

ご存知でしたか?

 

それらをマッサージや腰周辺のストレッチ、また骨盤を効率的に動かしてあげることで自律神経を整え、イライラ、便秘や腰痛、また月経トラブルにも効果をもたらすことがわかってきております。

 

簡単に自律神経の図を見ていきましょう。

背骨から出る自律神経は各内臓へとつながって、臓器などの調整を行っています。

腰椎からは、小腸、大腸、膀胱、子宮などにつながる交感神経が

腰椎の下につながる仙骨からは副交感神経が出ております。

img_5953

つまり、腰椎や仙骨周りの筋肉などの調子が落ちてくると、自律神経にも影響を及ぼす恐れがあるということです。
それを改善していくためには、
ひねってあげたり、ストレッチをしてあげることが大切なんです。
ねじったりストレッチをしてあげることで、筋肉の緊張が解消され、ゆがみなどの解消にも効果的!
また内臓の血流もアップしたり、腸のぜん動運動も促進されるので便秘の解消、冷え性改善にもつながるんです。
マッサージ2016
マッサージをして筋肉をほぐしたり、
自分でストレッチやひねるのが出来ない、面倒な方には、メディカルコンディションのアドバンスコースで緩めることも効果があるんです。
IMG_7000
自律神経を整えて、体の中から健康に!
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
メディカルコンディション
http://www.medicalconditionhj.com/
住所:東京都昭島市拝島町2-15-5
TEL:042-545-4923
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toplink