2018/08/03

カカトの痛み

こんにちわ。

 

Medical Condition メディカルコンディションの清水です。

 

今日は、カカトの痛みについてです。

 

IMG_1527

 

後ろから見る、カカトはこんな感じです。

 

小学校高学年あたりのスポーツをしている選手

 

 

に訴える選手が多くいらっしゃいます。

 

 

 

非常に難しい症状でなんです。

 

というのも、

 

カカトには、ついている筋肉が多い。

 

IMG_1528

こちらの解剖図では、ふくらはぎの筋肉がカカトの後ろ側についている様子を示しています。

 

 

この解剖図は、

IMG_1529 2

 

足の底面の筋肉を示しています。

 

ふくらはぎ、また足の底面から

 

そして、靭帯も付着しているので、

 

どの筋肉、組織が傷んでいるのかを確かめて上げる必要があります。

 

そして、次に

 

どうすると痛みが出るのか?

 

 

例えば、ジャンプをすると痛みが出る、しゃがむと痛みが出る。

走る度に痛みが出る など。

 

 

IMG_1523

 

彼の痛みの場所をチェックしながら治療を行っています。

 

IMG_1529 2

 

足の底面に付着する筋肉の方に痛みを訴えていました。

 

IMG_1524

 

おや、

 

さらに進めていくと、

 

底面は底面でも

 

内側にいくにつれて、筋肉のテンションは高まっていくではありませんか!!

 

おかしいな〜。

 

これは、何か偏った走りをしてそうです。

 

確かめました。

 

 

IMG_7020

 

これは、私の右足をですが、

 

彼の走りは、こんな感じになっていました。

 

 

走る度に、

 

 

内側が地面につくように足首に捻れが加わっている

 

 

 

のです。

 

 

一度や二度のねじれであれば、問題はないのですが、

 

これが走る度に加わると、

 

足首の内側が伸ばされ、硬くなったり、

ふくらはぎの内側が硬くなったり、

 

さまざまな症状が出現してきます。

 

 

根本的には、そういったところを治療したり、柔軟性を高めたりして動きを良くしていかなければならないのですが、

 

「今週末に大会があるので、とりあえずそれには出場したい!」

 

 

ということなので、

 

IMG_1530

 

テーピングをしてあげました。

 

足首が負荷がかからないようにしてあげています。

そうするだけで、カカトへの負担は軽減されるはずです。

 

しかし、これらの処置は応急的なもの。

 

パフォーマンスを高めたい、もっと上を狙いたい、

 

そういうことであれば、もっと専門的なトレーニングを行っていかなければなりません。

 

IMG_1531

 

 

とりあえず、さきほどテープを巻いて練習にいきました。

どうだったか、楽しみです。

 

カカトの痛みや足首周辺の痛み、何か異変を感じたら、

一度プロに動きから体の状態をチェックしてもらうと、新しい発見、改善への近道といった情報を得られるはずです。

 

そんなことでお悩みの方は、ぜひぜひ、メディカルコンディションまでどうぞ–

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Medical Condition メディカルコンディション
http://www.medicalconditionhj.com/
Medical Condition Facebook page

住所:東京都昭島市拝島町2-15-5
TEL:042-545-4923
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toplink