2018/07/30

野球肩、肘はフォームに問題あり。

こんにちわ。

 

Medical Condition メディカルコンディションの清水です。

 

野球肘、野球肩の指導、予防、コンディショニングといったら、メディカルコンディションにお気軽にお問い合わせください。

 

 

Unknown-10

 

 

自信があります。

 

 

混乱するような指導は、決して行わず、

 

 

シンプル、かつ効果的な指導を行っております。

 

IMG_1458

 

 

 

よくいますよね。

 

 

 

理論は、ものすごい!

 

でも、分かりづらい。

 

 

それ、残念すぎるだろ!

 

それって、ほぼ意味ないですよね。

 

私たちが心がけているのが、

 

 

必要な情報を提供して、一緒に考えていく。

 

 

 

例えば、体の開きが早い小学生低学年の選手に対して、

 

「君の体は開きが早くて、股関節が外旋傾向だから、肘、肩に最終的に伸展外力が加わっているために、痛みが出てしまうんだよ。」

 

 

そんな事言ったって通じるわけないですよね?

 

IMG_1479

 

①体が開くと、結果的にパワーがロスしてしまうという点

 

②開きによって、怪我がしやすくなってしまう点。

 

この2点を実際に

 

見て、感じてもらいながら、体験しながら

 

理解してもらいます。

 

 

そして、

メディカルコンディションでは、

怪我をしないフォームを習得するために必要なトレーニングも宿題として出しています。

 

来れない間は、その宿題をしっかりやってもらい、フォーム習得に必要な体の動きの向上に努めてもらいます。

 

 

IMG_9937

 

そして同伴される保護者の方も、いらっしゃれるようであれば、

 

 

動画の撮影OK!

 

 

しっかり記憶してもらってトレーニングに生かしてください。

 

野球肩、肘の問題は、フォームにあり。

 

特に小学生のころから、しっかりフォームをチェック指導をうけることで、

 

予防することが可能です。

 

 

息子さんの野球肩、肘が気になる親御さん、痛みは訴えてないけど、医学的な観点、バイオメカニクスの観点からしっかり見てもらいたい、

 

そんな方は、お気軽にメディカルコンディションまでお問い合わせください。

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
Medical Condition メディカルコンディション
http://www.medicalconditionhj.com/
Medical Condition Facebook page

住所:東京都昭島市拝島町2-15-5
TEL:042-545-4923
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

toplink