妊婦マッサージ

妊婦さんとお腹の中の赤ちゃんのために!

妊婦さんにもマッサージが出来るってご存知でした?

1051 妊娠中であるがゆえに、我慢を強いられたり、胎児への配慮から、薬や検査などの診療も十分に得られなかったりしたことはありませんか? わたしたち、メディカルコンディションではマッサージを通して妊婦の皆さんに安心をご提供いたします。そして精神的にも不安がつきまとう妊娠生活に安心を加えることで、妊婦さんに産み育てる自信を持ち、出産という素晴らしい経験のサポートをさせて頂きたいと思っております。なによりお母さんの笑顔はお腹の中の赤ちゃんの健やかな成長につながります。

欧米では当たり前なのに日本は後進国・・・。

1056 ではプレグナンシーマッサージ(Pregnancy massage)といって 妊婦さん向けのマッサージや出産時に立ち会いながらのマッサージなど、妊婦さんへのマッサージがとても盛んに行わており、妊婦さんへのマッサージの影響などの研究も盛んに行われております。 それに比べて日本はいかがでしょうか? 妊娠期間中にくるカラダの不調があるのに、マッサージなどに問い合わせをしても断られたりしたことはありませんか? 厚生労働省のマッサージのプログラムでは、妊娠中のマッサージは禁忌とされています。その為、多くの治療院などでは妊婦さんからの問い合わせにはお断りしている状態です。

妊婦さんへのストレスは早産、低出生体重に

pregnancystress その痛みやストレスを我慢し続けると、大変なことに?! 動物実験では産前のストレスは子供の生命に長く影響を与えるかもしれないというデータが出ております。ストレスは自律神経系の交感神経を活発にし、アドレナリンといったホルモンを増やします。 こういったストレス刺激がかかり続けると、体に悪影響を及ぼします。血液は内臓よりも末端に供給されるため、赤ちゃんへの血液循環を危険にさらすことにもつながります。

筋肉系の緊張と痛みの軽減に

ninpukoshi 妊娠中の方であったら一度は、腰の痛みや股関節周辺の痛みや圧迫感に悩まされたことがあるのではないでしょうか? 妊娠をすると、体がホルモンの影響により赤ちゃんを育てる快適な環境にされるために、骨盤、筋肉、靭帯を緩めるように働きます。また妊娠期間が進むにつれてお腹も大きくなり、それだけでも腰や股関節に負担がのし掛かります。

こんな症状ありませんか?

1109
  • 両脚がむくむ。
  • 腰が股関節が痛む。
  • 首から肩にかけてハリ感が強い。
  • イライラする。
  • 便秘や下痢。

マッサージを受けることで

1112 マッサージを受けることで、痛みや不快感からの緩和だけでなく、リラクゼーション効果も大いに期待できます。リラクゼーションをうまく覚えることでお母さん、赤ちゃんの両方の健康度を高め積極的な出産ができる機会をも増加させる傾向にあります。 またマッサージは、体の機能を高め、気持ちを前向きにさせることができるので妊婦さんへのサポートが可能です。母体の血圧、心拍数、子宮の血液供給の増加による胎児の健康の増進、免疫機能の向上など例を挙げるとキリがないほどです。それほど、妊婦さんへのマッサージは効果的であり、必要であることが認められています。 具体的には、60分ほどの深く持続したリラクゼーションが推奨されており、特に最後の妊娠6~8週目が望ましいとされています。  


toplink