急な寝違えでも安心です。

 朝起きたら、首を寝違えていて困ったなどといったご経験ありませんか?

寝違えで一番多いのは、斜角筋という首の横から肩にかけて付着する筋肉の一時的な拘縮です。

 私たちは、寝違えの特効薬、ART(アクティブ•リリース•テクニック)Vスティックを揃えております。その一部をご覧ください。

1、痛めている筋肉、不可能となっている動作を探し出す。

 寝違え治療で一番大切なのことは、まずどこの筋肉を痛めてしまっているのかです。

そして、どの動作ができなくなっているのか?具体的には、前屈、後屈、側屈、回旋など。これを的確に見つけ出すことから治療はスタートしていきます。

2、ART治療で筋肉をアクティブに!

痛めた筋肉を見つけたら、ART(アクティブ・リリース・テクニック)で筋肉を動く状態にしていきます。最初は、なかなか動きが悪い筋肉も徐々に痛みの緩和と共に動きもスムーズになっていきます。

3、最新鋭治療器で早期回復を実現させます。

 どうしても可動域を改善させたい、痛みのレベルを飛躍的に下げたい、また頑固な寝違え症状では、最新の超音波治療器、テクトロン(Vスティック)などで拘縮してしまっている筋肉の治療を施します。

toplink