【妊娠中の腰の痛みに!】

ninpukoshi特に妊娠中期から後期にかけて、お腹が大きくなるにつれて姿勢バランスも変わるため、背中から腰部にかけて強い筋肉の緊張に見舞われます。

元から姿勢の悪い人は、妊娠をすることでさらに強い腰痛症状に悩まされてしまうことでしょう。

特に背骨のキワから骨盤周辺に強い筋肉の緊張が起こります。それにより、さらに動きづらくなってしまうことも予想されます。

メディカルコンディションでは、横向きの姿勢で、強く筋肉が緊張している箇所をマッサージで緩めていき、日常生活の動作や妊娠生活が快適に送れるようにサポートしていきます。

また日によって調子の波が激しいのも妊娠期における大きな特徴でもあります。必要に応じてストレッチを行ったり、強い筋肉の緊張が見られたり、ココが痛い!そんなピンポイントの痛み際には、ART(アクティブ・リリース・テクニック)も使い、効率的に妊婦の皆様の不快な症状を緩和させリラックスさせていきます。

6134

toplink