【妊婦さんの股関節の痛みに!】

ninpukokan

妊娠中期から後期はお腹も大きくなるので、バランスをとるのに両足が自然と外側に開き、バランスを取りながら歩こうとするので、股関節の外側、お尻の外側の筋肉に張り感が出てくるようになります。

また姿勢バランスによって股関節の前面に圧迫感を感じるようになったりと、妊娠期間中に非常に多いのが股関節のトラブルです。

 お尻の外側は、非常に硬くなっているケースがほとんどです。ART(アクティブ・リリース・テクニック)や指圧をするだけでも血流が通うのがわかるでしょう。

また股関節の前面周辺は、ホルモンの影響などで恥骨結合周辺が徐々に離開していくにつれ、股関節の内転筋とよばれる筋群にも違和感が出たりすることも多々あります。その周辺をマッサージしたり、ストレッチ、またART(アクティブ・リリース・テクニック)をすることで妊娠生活がさらに楽になることでしょう。

メディカルコンディションで股関節の不快な症状を改善していきましょう!

ninpuhipj

toplink